沖縄死亡広告

平成26年3月6日から始まりました手仕事逸品展の梱包を開けていますと、各地の新聞紙が使われていて地方色豊かです。梱包を解きながら、ついつい紙面に目が行ってしまいます。沖縄の新聞記事は特に地域色が強く、オスプレーや基地の問題は大きく取り上げられています。政治については私共がこの場で語る事ではないので、胸の奥にしまっておきます。沖縄の広告のお話でもしましょう。新聞を見ていて、死亡広告が多いことに驚きます。全国紙でも沖縄以外の地方紙でも三面の下の方に著名な方の告別式の案内が少し載っていますね。沖縄では一般的な葬儀の連絡方法として新聞広告を使います。地縁、血縁を大切にする沖縄の人の一日はこの死亡広告を確認することから始まるそうです。
上の写真を見ても分かるように喪主以外に子供、孫、いとこ、自治会長まで驚くほど名前が連ねられています。電話で伝えるより確実に広く告別式の案内が出来るので画期的な方法だと思います。
広告料も人数で決まるようで、ある会社の例では90名で数十万円ほどかかるようです。90名という設定があること自体すごいですが、20-30名は当たり前です。
沖縄に出かける方は新聞をご覧になってみてください。地方の文化がたくさん詰まっています。

手仕事逸品展(民藝の教科書展)
●3/6~3/12
暮らしの手帖やソトコトなどの雑誌に取り上げられ、手仕事の品が心を豊かにすると注目され始めました。
日本各地の手仕事工芸品を集め展示販売いたします。

← 催し案内blog一覧へ

←一ヶ月ご案内一覧

〒460-0008 名古屋市中区栄3-3-1 丸栄百貨店8階 アートステージ
営業時間 午前10時~午後7時(催し最終日は午後4時終了)
☎052-264-5385 fax052-249-7093
e-mail yamato@dream.com
http://www.artstage1.com

artstagerogo3cm