今年も瀬戸の陶祖まつりへ行ってきました。
とても素敵な催し(愛知淑徳大学の学生のワークショップ)に出会ったので、ご報告いたします。

ワークショップ

水を混ぜるだけで固まる?!
焼かない瀬戸の土プロジェクト ワークショップ というタイルを制作するものです。小学生くらいがちょうど楽しめるイベントです。子供たちにとっては砂に粉と水を混ぜて型枠に詰め込む楽しい粘土遊びですが、この砂が実はとても瀬戸の産業に深く関わったもの、ということを学ぶワークショップであったのです。
image 「これが 廃棄物???」

image 「粘土状になったものを型枠に詰める」

陶器やガラスの原料・珪砂(けいしゃ)を精製するときに出る微粒珪砂「キラ」を使い、焼かずにタイルを作る取り組みを愛知淑徳大メディアプロデュース学部の学生らが進めている。キラは瀬戸市で大量に産出される副産物だが、利用法も確立されていないため、多額の費用をかけ廃棄されている。ちょっとしたアイデアで新たな資材として利用できる可能性がある。そのためにも「キラ」の存在を多くの人に知ってもらう必要があるようです。

私も少しだけ窯業関連の仕事ですが、「キラ」の存在など全く知りませんでした。愛知淑徳大メディアプロデュース学部の取り組みにとても関心を持ちました。瀬戸市内の全小学校で体験すべきプログラムだと思います。産業の光と影 毒を食らわば皿まで 碌な言葉が思い浮かびませんが、地球上の有限な資源を採掘する以上、できる限り有効に使いたいですね。 私も何かに使えないか考えてみます。愛知淑徳大メディアプロデュース学部、愛知工業大学の学生さん素晴らしいワークショップありがとうございまいました。

アートステージでは 芹沢銈介小品展開催中

芹沢美案内IMG_7859c
芹沢銈介小品展
●4/10~4/30

← 催し案内blog一覧へ

←一ヶ月ご案内一覧

〒460-0008 名古屋市中区栄3-3-1 丸栄百貨店8階 アートステージ
営業時間 午前10時~午後7時(催し最終日は午後4時終了)
☎052-264-5385 fax052-249-7093
e-mail yamato@dream.com
http://www.artstage1.com

artstagerogo3cm