労働災害を学んだ方にはよく知られた法則です。法則名はこの法則を導き出したハーバート・ウィリアム・ハインリッヒ(1886年 – 1962年)に由来しています。

ハインリッヒの法則は 一件の大きな事故・災害の裏には、29件の軽微な事故・災害、そして300件のヒヤリ・ハット(事故には至らなかったもののヒヤリとした、ハッとした事例)があるとされています。何故こんな ややこしい法則を持ち出したかと言うと、今週の人気作家工芸展には割れ物の高額商品がたくさんあり、破損という危険性が常にあり、どの様にこのリスクを軽減するか考えなければならないからです。
お茶や礼儀などの作法、仕事上の手順など、一見無駄と思える規則や順序も美しさや、扱い易さを追求した結果だけでなく、危険を排除して生まれた動きもあります。 手順を守らずいい加減なやり方で仕事を進めると失敗をします。 ハインリッヒの法則にあてはめると1:29:300の割合で重大ミスが起こる訳で、小さな失敗をいかに無くすかが、重大ミスを防ぐ方法なのです。ちょっとした手間を惜しまず、~かもしれない、もし~だったら、と考えなくてはなりません。
ハインリッヒの法則は仕事だけでなく、自転車の運転、台所仕事、生活全てに応用出来る理論だと、自分に言い聞かせています。

アートステージでは昨日から人気作家工芸展が始まりました。
●5/22~5/28

重要無形文化財保持者(人間国宝)をはじめ、伝統工芸、日展の重鎮、新進気鋭の作家、今後活躍が期待される若手作家の作品など、新作から物故作家の作品まで幅広く取り揃え展示販売いたします。
1405人気作家工芸展スク

← 催し案内blog一覧へ

←一ヶ月ご案内一覧

〒460-0008 名古屋市中区栄3-3-1 丸栄百貨店8階 アートステージ
営業時間 午前10時~午後7時(催し最終日は午後4時終了)
☎052-264-5385 fax052-249-7093
e-mail yamato@dream.com
http://www.artstage1.com

artstagerogo3cm