IMG_8860s

お茶用の掛物に 前大徳 と書かれた落款がありますが、これは前の大徳寺の管長という意味に思えますが、大徳寺で修行をし、一定の位を受けると、 本山大徳寺にて一日だけ「大徳寺住職」になる「改衣式」を行い、それ以降に「前大徳」となるようです。 各塔頭のご住職は「紫野」「龍宝」を使われるようです。因みに紫野は大徳寺のある所の地名で、龍宝は山号です。 難しいですね。
6/19~イベントギャラリーで茶掛展を開催いたします。そんなことを気にしながらご覧頂くと違った楽しみがありますね。
私もこの機会に勉強していきたいと思います。

茶掛展(イベントギャラリー)
●6/19~6/25
『南方録』に「掛物ほど第一の道具ハなし」とあるように、掛物は茶席で最も重要とされています。お稽古に気軽にお使いいただけるものから逸品まで幅広く集め展示販売いたします。

← 催し案内blog一覧へ

←一ヶ月ご案内一覧

〒460-0008 名古屋市中区栄3-3-1 丸栄百貨店8階 アートステージ
営業時間 午前10時~午後7時(催し最終日は午後4時終了)
☎052-264-5385 fax052-249-7093
e-mail yamato@dream.com
http://www.artstage1.com

artstagerogo3cm