ディズニー映画 アナと雪の女王が大ヒットしていますね。挿入歌 let it go という歌も大ヒット。日本語版では「ありのままの♪」と歌われていますが、聞かない日が無いくらいヒットしていますね。秘密をもった主人公が自分を解き放っていくストーリーなのですが、欠点や嫌な部分を隠さず、ありのまま受け入れて行くと言う、前向きなお話。
骨董品もありのまま受け入れていただくとお得な事があります。例えば、揃い物で1個欠けてしまってるものは、完品に比べると評価は随分下がってしまいます。完璧な品でなければ納得できないお客様にはお奨めしませんが、実用品として使用する方や稽古道具に使う方には、10客ものの一点欠けや、塗りもので少し傷があるだけで、お値打ちなら、『let it go』です。ここでの「let it go」は「ありのままの♪状態で、お値打ちならいいんじゃない?」でしょうか? 直訳なら、「妨げない~することを」でしょうか? 超訳なら 「買っちゃいな」って感じでしょうか?英語には自信がないので全くあてになりませんが・・・。
 とにかく、核家族の方で、10客や20客もの半端ものが安かったら買いですよ。完璧主義の方はくれぐれもお買いにならないでください。後悔しますから。

因みに、let it go に似た let’s go の「’s」って何でしょう? let us go の’sだそうです。これぐらい知ってないといけないそうです。(私は知りませんでした)
世の中知らないことばかりです。骨董品、茶道具もわからないことだらけですね。だから面白いんですけど。ありのままでいきましょう。

image

美術品 蔵出し市
●6/26~7/2
伊万里、九谷、瀬戸などの陶磁器から漆、ガラスまで、明治以降人々のくらしの中で大切に愛用されてきた品々集め展示販売いたします。

1406蔵出しスクリーン

← 催し案内blog一覧へ

←一ヶ月ご案内一覧

〒460-0008 名古屋市中区栄3-3-1 丸栄百貨店8階 アートステージ
営業時間 午前10時~午後7時(催し最終日は午後4時終了)
☎052-264-5385 fax052-249-7093
e-mail yamato@dream.com
http://www.artstage1.com

artstagerogo3cm