今日から 芹沢銈介小品展が始まりました。多くのお客様にお越しいただきありがとうございました。
image
出品作品で疑問があります。
肉眼でも見にくいので、画像では見えないかもしれませんが、赤い紙に朱色の落款が押してあります。朱に朱を重ねたのには意味があるのでしょうか?
手書きサインでは赤い紙に青緑系の絵具を使ったものがありますから、サインはやはり目立つほうが良いという事でしょう。
写真の作品は全集に掲載されている作品ですから、逸品であることは間違いないのですが、どうして赤に朱の落款を押したのかわかりません。私たちが考えているほど深い意味はないのかもしれませんが、謎です。
ぜひ実際にご覧になってください。

芹沢銈介小品展
●4/9~4/22
芹沢銈介は東京高等工業学校(現・東京工業大学)図案科を卒業しました。手仕事をモチーフにした作品や風物、仏画など多くの作品を生み出し、昭和31年に型絵染の人間国宝に認定されました。本展では小品を集め展示販売いたします。

← 催し案内blog一覧へ

←一ヶ月ご案内一覧

〒460-0008 名古屋市中区栄3-3-1 丸栄百貨店8階 アートステージ
営業時間 午前10時~午後7時(催し最終日は午後4時終了)
☎052-264-5385 fax052-249-7093
e-mail yamato@dream.com
http://www.artstage1.com

artstagerogo3cm