アートステージで開催中の美術品 蔵出し市の出品作品から
初代 坂高麗左衛門の茶碗をご紹介
image
image

image
11代坂高麗左衛門 極

萩というより朝鮮半島の茶碗ですね。
それもそのはず、初代 坂高麗左衛門は李敬という朝鮮人陶工ですから、朝鮮風の茶碗を作っても何ら不思議ではありません。
坂家について簡単に解説すると・・・

坂窯は、毛利輝元によって萩に連れてこられ(招かれ)、兄李勺光と共に萩焼を創始した朝鮮人陶工の李敬を初代としており、三輪休雪の三輪窯と共に萩藩の御用窯を務め、萩焼の本流を代々受け継いだ家柄。
毛利氏が萩に城を移した後、萩城下松本村に開窯、二代藩主毛利綱広より“高麗左衛門”の名を賜る。現在十三代高麗左衛門。

朝鮮から渡ってきた船には朝鮮の陶土等も一緒に運んで来たのではないかとも言われており、もしそれが事実ならこの茶碗もそれらの材料が使われているかも知れませんね。あくまで仮説ですが想像するだけでワクワクしますね。

さて、美術品 蔵出し市の明日午後4時で終了です。 
かなり作品が減ってしまったので、申し訳ございません。
それでもまだまだ掘り出し物は見つかるはずです。
ぜひご来店ください。

美術工芸品 蔵出し市
●6/25~7/1
1506蔵出し市スクリーン
伊万里、九谷、瀬戸などの陶磁器から漆、ガラスまで、明治以降人々のくらしの中で大切に愛用されてきた品々集め展示販売いたします。

← 催し案内blog一覧へ

←一ヶ月ご案内一覧

〒460-0008 名古屋市中区栄3-3-1 丸栄百貨店8階 アートステージ
営業時間 午前10時~午後7時(催し最終日は午後4時終了)
fax052-249-7093
e-mail yamato@dream.com
http://www.artstage1.com

artstagerogo3cm