島岡達三作品を見るたびに思い出してしまう事があります。
人間国宝になられて間もない頃、益子の島岡先生の工房を訪問した時のことです。
「○月×日××時に名古屋からお邪魔します。ご在宅でしたら是非ともご挨拶をさせていただきたい」とお約束して訪問したのですが、30分遅れてしまいました。
遅刻して到着した第一声が「遅いじゃないか、粘土が乾いちゃうじゃないか(怒)」
急須の口と胴体を接合する作業をする準備中で、乾きすぎるとくっつかなくなってしまうのでタイミングが悪いんだ!
それは怒られて当然です。遅れた私がすべて悪いんです・・・。
今となってはいい思い出ですが、島岡先生結構怖かったです。(涙)

遅刻したのは濱田先生の窯に先に行ってしまった事が原因なのです。これも私が悪いんです。濱田晋作先生が、「君は息子さんか懐かしいな、お父さん亡くなってしまったんだね、何かしてあげたい。ここにあるもの好きなもの持って帰りなさい」なんて事で、いろいろとお話しに花が咲いてしまい、充分時間はとってあったのですが、島岡先生の所へ行く時間を過ぎてしまったんです。濱田さんの所へ先に行って遅刻したとも言えず、島岡先生にはしっかりお灸を据えられました。
image
image
あ、島岡先生の作品を見るたびに・・・「ごめんなさい」  トラウマです。
image

image

島岡達三 辰砂釉象嵌草花文碗 180000+税
(益子 人間国宝)

← 催し案内blog一覧へ

←一ヶ月ご案内一覧

〒460-0008 名古屋市中区栄3-3-1 丸栄百貨店8階 アートステージ
営業時間 午前10時~午後7時(催し最終日は午後4時終了)
fax052-249-7093
e-mail yamato@dream.com
http://www.artstage1.com

artstagerogo3cm